副業・パラレルワークのスタートを応援するブログ

【Zoom映え】オンライン会議・研修・飲み会の画面映りを向上するリモートワークアイテム3選

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
正社員+副業で4社と契約を結ぶパラレルワーカー。様々なチームに所属し、1つの会社に依存しない働き方を体現しています。ライターとして900本以上の記事制作実績があり、得意分野は組織、キャリア、働き方関連。マナー研修やライティング講座で講師も務める。元求人広告のコピーライターで、現在は社長秘書兼人事チームリーダー。パラレルワーク3年目。

みなさんこんにちは、黒木です。

今日は私が実際に購入し、Zoom映えを劇的に変えたアイテム3選を紹介したいと思います。

11月から12月にかけてオンラインで研修や講座の講師依頼が増え、グリーンスクリーンとウェブカメラ、そしてリングライトを購入しました。結果として、Zoom映えを目指すなら外付けアイテムが絶大な効果を発揮すると実感しています。

今回はそれぞれのアイテムについてのレビューをまとめますので、Zoomの見た目が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

まず各アイテムをまとめて撮影したのが、こんな感じ。

リモートワークアイテム

そして、これらのアイテムを使って男たちの在宅ワーク座談会に参加した時のスクリーンショットがこんな感じ。

<画像出典>株式会社ニット

Youtubeで映像を見ていた知り合いから「ライトの威力スゴイな!」といわれた1枚です。

そのライトも含め、今回購入したアイテムを1つ1つ見ていきましょう。 

①グリーンスクリーン

私が購入した際はAmazonで1500円だったのですが、これがめちゃくちゃ良かったです。
Amazonにも楽天にも、グリーンスクリーンは布だけのものや自立スタンドつき、背負うタイプなどいろいろあります。私はとりあえずお試しのつもりで、布とクリップが4つセットになっただけのものを買いました。
(早く手元にほしかったので、Amazonで購入)
設置はデスクの後ろに使っていなかった突っ張り棒を常設し、必要な時だけそこに緑の布をかけるという形をとっています。3分もあれば設置・撤収が可能で、普段はたたんでデスクの引き出しにしまっています。
(たたむとA4のコピー紙500枚束くらいのサイズ感になります)
もともと使っているPC(Surface)がバーチャル背景に対応していなくて、無理にバーチャル背景を使うと顔が消えたり、首だけになったりしていました。それを解決したくてグリーンスクリーンを購入したのですが、バッチリ解決してくれました。

今回購入したアイテムの中で、1番安価でしたが、「バーチャル背景がうまくいかなくて困っている」という方には非常におすすめです。

<基本情情報>
・色/グリーン
・サイズ/1.5m×3m
・重さ/500g

自立するタイプが良いという方は下記がおすすめです。

このグリーンスクリーンのおかげで講師を担当したWebライター講座では、道場風の背景をバッチリ表示できました。

<画像出典>株式会社ニット

(小窓になってもしっかりくっきり!)

<画像出典>株式会社ニット

②ウェブカメラ

私がウェブカメラを購入した目的は「常にまっすぐではなく、別の角度から撮影するとどんな感じになるんだろう?」という好奇心からでした。もともとSurfaceの内臓カメラの画質には満足していたので、卓上三脚付きのカメラを選択しました。

が、現在は結局ディスプレイの上にぶら下げて使用しています。なぜそうなったかというと、自分の横やナナメにウェブカメラを置いていると、なんだか落ち着かなったのです。

たとえば研修の時に、みんなはまっすぐこっちを見てくれているのに、なぜ自分は横顔なのかを考えてしまいました。なんとも間抜けな話です。

なので結局Surfaceの内臓カメラにかぶせるような形で使用しています。画質は良好だったものがとても良好になったというレベルで、画質だけで考えると不要だったかなと思います。

ただ、このウェブカメラがあることで、バーチャル背景との境界がよりくっきりし、映像の明るさを調整しやすくなりました。また、Surfaceの内臓カメラが広角だったのに対し、このウェブカメラは視野角が絞られています。

PCからある程度距離があっても、しっかりと自分の姿を移してくれるの、人前で話をするのには向いていると思います。

<基本情報>
・視野角78°
・フルHDストリーミングと録画
・1080P @ 30fps / 720p @ 60fps
・オートフォーカス
・HD光調整
・デュアルマイク
・卓上三脚付属

③リングライト

最後に紹介したいのがリングライト。

正直これが1番よかったです。

自分としても「おお」と思えるほど見た目が変わりましたし、私の顔を見た人からも「いつもと全然違いますね!」と言われるほどでした。

私が購入したのは2つのリングライトの位置を自由に調整して顔を照らすことができるもの。顔を両サイドから照らす形にすれば、どの角度にも影がでないようにできます。また、色合いが3種類あり、通常・暖色系・寒色系と調整できるのも嬉しいポイントです。

私は顔が色白で、通常モードで使用していた時に「顔、白すぎません?」と言われました。それ以来、暖色系モードで使用しています。

参考画像として、先日講師を務めたオンライン講座のスクリーンショットと座談会に参加した際のスクリーンショットをご覧ください。

このように、ライトを使っている人と使っていない人は、一目でわかると思います。

参加者側としてZoomを使用するときにはそこまで気にする必要はありませんが、自分が会を主催するとき、人前で話をするとき、大切な商談・提案の場では、リングライトは非常に効果的だと思います。

私は実際に購入・使用してみて、「人前で話すタイミングの前に買っておいて本当に良かった」と思えるほど、Zoomでの見え方が違いました。仕事でZoomを使う人にはぜひ試してみてほしいと思います。

いざ購入しようとした際には、「ちょっと大げさだな」と思えて、少し恥ずかしくもあったのですが、今となっては、エチケットとしてあったほうが良いと感じています。

最近ではグリーンスクリーンを設置することをめんどくさがれる集まりの場合も、リングライトだけはちゃんとつけています。

<基本情報>
・色種類/3色
・明るさ調節/10段階

<スタンドタイプ>

※私が購入したのはスタンドタイプですが、卓上タイプもあります。省スペースで使用したい人はこちらが良いと思います。

<卓上タイプ>

改めて先日参加したオンラインミートアップのスクリーンショットを最後にもう1枚。

<画像出典>株式会社ニット

こちらはメンバーラジオ公開生放送のスクショなのですが、やっぱりかなり見映えが良いですよね。

※オンラインミートアップについての情報はこちら(振り返り記事)とこちら(PR TIMES)をご覧ください。

まとめ

以上、私がZoom映えを意識して購入した3つのアイテムの紹介でした。 

結論としてはどれも購入してよかったと感じていますが、特にグリーンスクリーンとリングライトの効果は絶大でした。バーチャル背景がうまくできないPCに悩んでいたり、画面の明るさが気になっている人はぜひ試してみてください。

また、みなさんもおすすめのアイテムがあればぜひ教えてください。

パラレルワークライフでは、パラレルワークや副業に関する情報を日々更新します。毎週必ず新しい記事を投稿するので、週に1度のぞいてみてください。それではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
正社員+副業で4社と契約を結ぶパラレルワーカー。様々なチームに所属し、1つの会社に依存しない働き方を体現しています。ライターとして900本以上の記事制作実績があり、得意分野は組織、キャリア、働き方関連。マナー研修やライティング講座で講師も務める。元求人広告のコピーライターで、現在は社長秘書兼人事チームリーダー。パラレルワーク3年目。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パラレルワークライフ , 2020 All Rights Reserved.