副業・パラレルワークのスタートを応援するブログ

Emma Toolsでハイスコアを出す方法|ベスト94・平均78のノウハウ入門編

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
正社員+副業で6社と契約を結ぶパラレルワーカー。様々なチームに所属し、1つの会社に依存しない働き方を体現しています。ライターとして1100本以上の記事制作実績があり、得意分野は組織、キャリア、働き方関連。マナー研修やライティング講座で講師も務める。元求人広告のコピーライターで、現在は社長秘書兼人事チームリーダー。パラレルワーク3年目。

みなさんこんにちは、クワトロパラレルワーカーの黒木です。

今日はEmma ToolsというSEOツールについてのお話です。Emma ToolsはSEOコンテンツの作成を支援するライティングプラットフォームです。SEO記事の作成に活用すれば、工数をおさえながら高品質な記事を作れるといわれています。

一方で、Emma Toolsを使うのも簡単ではなく、ハイスコアを出すにはコツがあります。この記事ではそのようなEmma Toolsのコツについて具体的に説明します。Emma Toolsを使っているがうまくスコアを伸ばせないと感じている方に知ってもらいたい内容です。

Emma Toolsとは

まずはEmma Toolsについて簡単に説明します。Emma Toolsの公式サイトでは、次のように説明されています。

EmmaTools™は、SEO効果の高いコンテンツ作成ができるライティングツール。
未経験でもSEOレベルの高いコンテンツ作成を可能にし、コンテンツが上位表示する可能性を高めます。

また、ツールのポイントについては、下記4点がピックアップされています。

競合サイトの情報を分析

EmmaTools™が対策キーワードで上位表示しているページを徹底調査します。

使うべきキーワードが一目瞭然

既に上位表示しているページのデータを基に、コンテンツで使うべき重要なキーワードをレコメンドしてくれます。

重要キーワードを使いながらライティング

レコメンドしてくれたキーワードを参照しながらライティングが可能。キーワードの抜け漏れチェックもEmmaTools™にお任せください。

EmmaToolsがスコアリング

作成したコンテンツのSEO効果をリアルタイムでスコアリング。点数が低い場合、EmmaToolsが提案する改善案を元にコンテンツを修正しましょう。

ライター視点で見るEmma Tools

上記のいずれの特徴もSEOライティングに役立つものです。

私はEmma Toolsを使い、ここ1年間で70本以上の記事を作成しました。実際に使ってみて思うのは、「Emma Toolsによるスコアリング」が面白いということです。

ライティングの仕事の成果は基本的に、作成が完了し、掲載して反響がでるまでわかりません。ですが、Emma Toolsの場合は「スコアチェック」ボタンをワンクリックするだけで、その記事の期待値を確認できます。

ライターにとって記事の品質がスコアによって見える化されているのは魅力的です。

Emma Tools入門編|ハイスコアを出す3つの方法

さて、いよいよ、ハイスコアを出すための方法について解説します。まずはこちらの画像をご覧ください。

上記は私がEmma Toolsを使って作った記事のうち、ハイスコアを記録したトップ3のキャプチャです。
※それぞれ記録した時期が異なるため、表示のスタイルが微妙に異なっています。

この画像を見ながら、Emma Toolsを使う際に意識すべき3つのポイントを解説していきます。

①文字数について

Emma Toolsでハイスコアを狙う場合は2500文字を目安とし、2000文字から3000文字程度におさめることを目指してください。Emma Toolsは「キーワード密度」を重視するため、全体文字数が多くなれば多くなるほど、難易度が高くなります。

また、「キーワード密度」がさがるということは1本の記事の中に様々な話が含まれているということです。それは読者にとっても読みにくい記事の場合が多いです。記事が長くなる場合は記事を分割し、Emma Toolsにもユーザーにもプラスになる構成を考え直す必要があります。

Emma Toolsを使用する際には事前に構成を作成し、2500文字程度の記事にできそうか確認しましょう。

②各種キーワードについて

Emma Toolsが表示する関連キーワードは積極的に使用しましょう。Emma Toolsでハイスコアを狙うには、すべてのキーボードを使用することが前提になります。「使用していない関連キーワード」を網羅したら、「もっと使用した方がいいキーワード」についてもゼロを目指します。

また、SEOチェック項目はh2見出し内の対策キーワード使用頻度や、第一見出し(導入)内のキーワード密度に対するアドバイスが表示されます。こちらもアドバイスに従って改善を行い、すべてが「OK」の状態になるようにしましょう。

③各種パーセンテージについて

Emma Toolsに表示されている各種パーセンテージは高いほうが良い状態です。具体的な数値として下記のようなイメージを持って、記事作成に臨んでください。

<スコア80を目指す場合>
・関連キーワード(2種)使用率/2種類のワードの平均が2.5%
・関連ワード(50種)使用率/12%

<スコア90を目指す場合>
・関連キーワード(2種)使用率/2種類のワードの平均が3.5%
・関連ワード(50種)使用率/15%

Emma Toolsの「関連キーワード使用率」と「関連ワード使用率」は互いに補完し合う関係なので、どちらかが伸ばしにくい場合はもう一方でパーセンテージアップを目指しましょう。

作成中、思うようにスコアが伸びないという場合は、関連キーワード・関連ワード以外の文章を削って、パーセンテージを高めることができます。Emma Toolsでは見直しの段階でもスコアアップを図れますので、ぜひ最後までパーセンテージの表示を意識してがんばってみてください。

まとめ

今回はSEOライティングツールのEmma Toolsについて、入門編という形で解説しました。いかがでしたか。

Emma Toolsは公式で「こうすればハイスコアがだせる」というマニュアルがなく、使い始めたもののうまく使えないと感じている方もいると思います。一方でEmma Toolsで高いスコアを記録した記事は掲載直後に高い順位表示を実現できる場合が多く、利用価値があります。

今後もEmma Toolsでハイスコアを目指すためにプラスになる情報を提供していきますので、ぜひお楽しみに!

それではまたお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
正社員+副業で6社と契約を結ぶパラレルワーカー。様々なチームに所属し、1つの会社に依存しない働き方を体現しています。ライターとして1100本以上の記事制作実績があり、得意分野は組織、キャリア、働き方関連。マナー研修やライティング講座で講師も務める。元求人広告のコピーライターで、現在は社長秘書兼人事チームリーダー。パラレルワーク3年目。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パラレルワークライフ , 2021 All Rights Reserved.