副業・パラレルワークのスタートを応援するブログ

オンライン忘年会もいいけど、6時間16コンテンツの大型オンラインミートアップが最高に楽しかった話

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
正社員+副業で4社と契約を結ぶパラレルワーカー。様々なチームに所属し、1つの会社に依存しない働き方を体現しています。ライターとして900本以上の記事制作実績があり、得意分野は組織、キャリア、働き方関連。マナー研修やライティング講座で講師も務める。元求人広告のコピーライターで、現在は社長秘書兼人事チームリーダー。パラレルワーク3年目。

昨日(2020年12月18年)、メンバーとしてジョインしているオンラインアシスタントサービス「HELP YOU」の年末イベントがありました。例年であれば年に1回集まる機会なのですが、今年は新型コロナウィルスの影響もあり、オンラインミートアップが開催されました。今日はそのことについてまとめたいと思います。

オンラインミートアップって何したの?

実施されたのは6時間16コンテンツを、2つのYoutubeチャンネルで同時進行したオンラインミートアップ。限定公開でしたが、Peatixから無料申込をすれば、だれでも視聴できるというもので、具体的には次のようなコンテンツが用意されていました。

 

・開会宣言

・バーチャル世界一周旅行(北米・中米編)

・クライアントによるRPA活用法講座

・Webライター基礎講座

・オンライン利き酒会

・母たちの在宅ワークトークセッション

・メンバーラジオ公開生放送

・韓国沼の会

・男たちの在宅ワークトークセッション

・SNS運用講座

・ペット写真お披露目コーナー

・世代対抗クイズ「昭和VS平成生まれ」

・オンラインメイクテク講座

・ペット写真お披露目コーナー(パート2)

・クライアントとの座談会

・バーチャル世界一周旅行(アジア・ヨーロッパ編)

 

12:00の開始から18:00の終了まで時系列順に書き出してみて、いろいろなコンテンツがあったことを再確認しました。

このミートアップでおもしろかったのは、それぞれのコンテンツをメンバーが自主的に企画し、参加者を募り、開催されたこと。全体企画・監修を担った運営メンバーはいるものの、各コンテンツはメンバーの挙手あるいはノリ・お誘いによって出そろいました。

そこに報酬は発生していません。こっちのコンテンツの出演者があっちのコンテンツでは視聴者になり、互いに立場を変えながら楽しんだことが印象的だったと思います。

集まってお酒を飲む以外の時間の過ごし方

各コンテンツは具体的にどのようなものだったのかという話ですが、すべてを説明すると膨大な量になってしまうので、私が主催・出演した4つのコンテンツをピックアップし、紹介したいと思います。

Webライター基礎講座

これは私がHELP YOU、ひいてはHELP YOUのメンバーに、サービスを通じて培ったものを返したいという思いで実施したものです。Webライターになる方法/ライティングスキル/Webライターを長く続けていく方法という3部構成で話をしました。

メンバーラジオ公開生放送

こちらは普段ラジオ配信しているメンバーが実施したもので、その場に集まった人の悩みをバシバシ解決していくという企画でした。私はリクエストをもらって出演しましたが、終始楽しくお話していただけだったような……。

男たちの在宅ワークトークセッション

こちらは東京以外のエリアに住む男性メンバー3人が在宅ワークの実情をぶっちゃけトークするという会。HELP YOUをメインの収入としているメンバー・地方でパパをしているメンバーと一緒に、私は副業でHELP YOUに所属しているメンバーとして出演しました。本当に本心から、自分が抱いている思いを語りました。

バーチャル世界一周旅行(アジア・ヨーロッパ編)

最後に、GW・夏休みと過去2回実施し、好評を博したバーチャル世界一周旅行の第3回目。日本から始まり世界を映像で周るバーチャル旅行で、今回は各エリアに住むメンバーが各地のクリスマス風景を届けました。

企画・出演してみて思うのは、それぞれにやっている内容も温度感もバラバラだったということ。本当に楽しい時間でした。

オンラインでも楽しかったミートアップ

ミートアップをする意味は結局のところ、「みんなで集まりたいから」なんだと思います。普段は世界中・日本中別の場所で仕事をしているメンバーが年に数回集まれる機会・時間って貴重ですよね。

でも、今はコロナでそれができない。そんなときに「オンラインミートアップをするよ!」、「忘年会できないって困ってる企業にフルリモートでやってきた私たちの本気を見せるよ!」っていってくれたことはとても嬉しかったです。

正直ここまでの時間・コンテンツ・段取りのオンラインミートアップって他ではなかなかできないと思います。後日譚としては翌日のスポーツ誌朝刊に記事が載ったという話もあり、運営メンバーのみんなにはお疲れ様とありがとうの気持ちでいっぱいです。

そしてこの企画、ぜひ多くの企業に参考にしてほしいなって思います。お酒なんて飲めなくていいし、家から、スマホからの参加で良い。いろんな制限を取り払って、仲間の新たな一面や学びの場を持てるって、すごく有意義なことだと思います。

今回私は出演側・視聴側、両方からこのミートアップを楽しんだのですが、最終的に思ったのは「HELP YOUのメンバーで良かったな」ということです。

「男たちの在宅ワークトークセッション」の中で、「前の働き方・ライフスタイルに戻りたいと思いますか?」というような質問項目があったのですが、私は絶対に無理だと思いました。

私はパラレルワークができて、とても充実しているし、HELP YOUというサービスと出会えて、一緒にがんばるメンバーと出会えて良かったと心から思います。自分はこの繋がり・コミュニティに救われたんだと今回のミートアップを通じて実感しました。

最近よく耳にするエンゲージメントという言葉がありますが、これがそういうものなのかもしれません。いつもいろいろな案件に携われることへの感謝とは別の、少し違った思いを抱くことができました。

1人だけど、1人じゃない

ただ、こういう繋がりを感じたら、やっぱり会いたくなるし、一緒にお酒を飲みたくなるのも事実です。ミートアップが終わって正直へとへとになりましたが、当日急遽決まった打ち上げにはふらふら参加してしまいました。

なぜかそれぞれミートアップの反省コメントを言いはじめて、いいじゃんいいじゃんと言ったり、褒め合ったり、打ち上げも含めて楽しかった。画面越しに、いつもより少しラフな感じで、ゆるりと時間を過ごしながら、次はリアルで会えると良いなと思いました。

こんなふうにオンラインで関係性が深まってもっともっと話したい、会いたいって感じられるのはとても幸運なことなのかもしれません。

もし今、フリーランスの仕事を始めたい・副業にチャレンジしたいという人がいたら、こういったコミュニティに所属することを私はおすすめしたいです。1人だけど、1人じゃない。そんな場所があると、きっとがんばれると思います。

仕事の責任は自分で背負うしかありませんが、楽しいことはだれかにわけてもらって、だれかにわけてあげてもいいのかなって。そんなふうに考えると、パラレルワークとか副業とか、そういう働き方が続けていきやすくなるはずです。

まとめ

・忘年会ができないならオンラインミートアップでエンゲージメントを高めよう。

・オンラインミートアップ、コンテンツは何でもあり。

・でもやっぱり会いたくなる。会いたい気持ちがオンラインイベント成功の証。

・副業やフリーランスでも1人じゃない。そんな居場所があるといい。

<オンラインミートアップで好評だったZoom映えグッズの情報はこちら>
【Zoom映え】オンライン会議・研修・飲み会の画面映りを向上するリモートワークアイテム3選

パラレルワークライフでは、パラレルワークや副業に関する情報を日々更新します。毎週必ず新しい記事を投稿するので、週に1度のぞいてみてください。それではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
正社員+副業で4社と契約を結ぶパラレルワーカー。様々なチームに所属し、1つの会社に依存しない働き方を体現しています。ライターとして900本以上の記事制作実績があり、得意分野は組織、キャリア、働き方関連。マナー研修やライティング講座で講師も務める。元求人広告のコピーライターで、現在は社長秘書兼人事チームリーダー。パラレルワーク3年目。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© パラレルワークライフ , 2020 All Rights Reserved.